鎌を研ぐ

包丁に比べて,鎌を研ぐのは難しいように思う.
平面で凹面を研ぐような格好になってしまうし,鎌砥石は結合剤が弱いのかすぐ形が変わってしまうし.

何とかお手軽に芝生が切れる程度まで切れ味が戻る方法があるといいなと思いながら調べていると,
こんなものがあった.
サボテンの超硬万能刃研ぎ
これは砥石やダイヤの粒子がついてるものと違い,タングステンの出っ張りが柄の先についていて,それの角部で刃をこすることで刃付けをするようだ.
触れ込みではハサミにも使えるとのこと.
これはと思ってamazonのカートに入れようとした瞬間,シマリス色のジャンク魂が輝き気がつくとその手にはあるものが握られていた.


いらなくなったろう付けバイトである.
角のある超硬がついてて持ち手が必要ならこれでいいじゃん.
まあたいていの逸般の誤家庭にはかけたエンドミルなりなにがしかの超硬素材が転がっているだろうから,それでも良いと思う.
なければ?あきらめて買いましょう.

刃を研ぐには,刃の内側から外側に向かって軽くこするようにする(サボテンから動画が出てるので参照するとgood)
とりあえず芝生が切れるようになったので満足した.
水もなんもいらないのでタッチアップには最適かもしれない.


左手鎌ってあんまり種類がない.
右手鎌の先はアスファルトの隙間から生えてくる雑草をごりごりするために丸まっている.



今回の結論としては,西洋料理人が持ってる研ぎ棒でよかったんじゃね,,?という疑惑が
Comments