ベローズを使って撮影

相変わらずのマクロ撮影.
ついにベローズに手を出した.


もはや国産のベローズなどないので,いろいろ不満の出るという噂の中国製.
ちなみに,ソニーα用のベローズは国内ではおそらく手に入らないので,
中国のaliexpressかアメリカのamazon.comあたりから仕入れてくる必要がある.

届いたものはレールはガタがあり,送りねじにもガタがあり,固定ねじは締めづらい,
とまあどうやって決めた位置からベローズ長さを変えずに固定できるのか考えてしまうものではあった.
どうやって改修するかは検討中である.
また,買う前から気付いていたことだが,絞りを操作できるものが存在しない,
かつαレンズは絞り最小が自然な状態なので,まずまともに運用できない
(まあ,だからα用のベローズは国内で取り扱いがないのだろうが).

今回はボディ側のマウントがαならレンズ側は何でもいいという条件だったので購入した.
どうせマクロ撮影をするのなら,いつもの変換アダプターを使って,
α-M42-C-RMSマウントと変換しツールスコープ用対物レンズを付けるのだ.

ベローズに顕微鏡レンズを付けると,ベローズ長で倍率を連続的に可変できるようになる.
ベローズを伸ばすほど倍率が上がっていくので,被写体に合わせてベローズを伸ばし,
フォーカスリングなどというものは相変わらずないので,カメラを前後させて撮影する.
これまでレボルバ式ステップ倍率可変(倍率の飛びが大きすぎる),
ズームマイクロスコープの流用(めちゃくちゃ暗い)と変遷してきたが,
ベローズは被写体の大きさに応じてズームを変えられるのでだいぶ使い勝手が良い.
1倍のレンズだとおおよそズーム比が3くらいとれる.
ベローズのレールの関係上ワークディスタンスが長くとれないといけないため,
ツールスコープ用の1倍か2倍が良さげ.
ネジバナ.対物1倍で.トランスルーセントミラーにごみが乗っててその影が画面の真ん中に

対物2倍で.時期を少し過ぎているので花が痛んでいる


咲きかけのマリーゴールド.対物1倍



なぜか出てくるEL-NIKKOR 105mm.
これはM42マウントからL39マウントに変換するアダプターリングを付けることで搭載できる.
このレンズはこのセットアップで無限遠が出たが,引き延ばしレンズはよく言えば個性豊かなので,
例えば手元のレンズだとフジノンの75mmは無限遠でなかった

EL-NIKKOR105mm.アブラムシが吸うから花が痛むことが判明した

この2枚はおそらく絞りを変えて撮ったものと思われるが,
電子接点がないとExifに情報が残らないためなんかよくわからない
Comments