デジタル射的Ver.3プロジェクション的

前回まではこちらこちら

さて,バージョン3である.


動画のように,的が印刷物から投影に変更された.
これによって,射手がPC画面に目をやらなくても
当たった履歴がわかるようになった.
的センサが見ているのは近赤外線帯域なので,可視光ではどんなに明るかろうが印刷的だろうが関係ない.

投影にはSmart Beam Laserというモバイルレーザプロジェクタを使用しているが,
これはDLP方式でも全く問題ない.
最短投影距離が長すぎ的が大きくなりすぎるようであれば,
プロジェクタを近づけ焦点が合わないのは適宜マクロコンバージョンレンズを挿入すればよい.

的が動的に変更できるようになったことで,理論上はゲーム中に的を変更することができるようになった.
精密射撃だけでなく,複数の目標を狙うタイプに変更したり,的を浮動させたり,,
プログラム次第でよりゲーム性が増すものが作れるだろう.
(ただし理論上の話.現実にはプログラミングスキルが追い付かない.)
また,プロジェクタやwiiリモコンを増やすことで,正面だけでなく,多方向に向けて構えて打つことも可能だ(理論上は)
こういったことには,実際に弾が出ない光線銃のほうがやりやすさがある.



おしらせ:
Shimalithはシマ技!として,MakerFaireTokyo2018に出展します.
出展物はデジタル射的一式と,マクロ撮影用機材になります.

出展内容の紹介:
目に見えないビームを出すエアガンとwiiリモコンを使って,得点の出る的当て競技ができる仕組みを作りました.
サイレンサーが組み込めるエアガンにならどれにでも取り付けができ,
ショックで照準がぶれるちょっとリアルなゲームができます.競技結果はシールにプリントができます.
デモでは(ラベルの在庫の尽きるまでは)競技結果を印刷したシールをプレゼントします.
Comments